IMG_6351
(画面は楽天コミュニケーションズから届いたSMS画面)

皆さんこんにちは。
プライバシーザムライ中康二です。

この記事は、先日の記事の続きです。
フィッシング詐欺は見ただけでは見抜けない〜高まるドメインの重要性〜

本物そっくりの詐欺サイトがあった場合に、本物かどうかを知るためにはドメインを確認するしかないということをお書きしました。

ちょうどタイムリーに関連する事象が発生しましたので、また記事にしてみたいと思います。

1週間ほど前、私のスマホに楽天コミュニケーションズから発信されたと思われるショートメッセージが届きました。(トップ画像がそれです)

私は楽天でんわのユーザーです。ですから、少しは心当たりはありました。しかし、私の妻にも同じショートメッセージが同時に届いていて、彼女は楽天でんわは使っておらず、「これ何だろう?」と質問されたので、もしかするとこれは不特定多数のユーザーに無差別に送信している詐欺メールの可能性があると不審に思いました。

それで、リンク先のURLを確認すると
ux0.jp
となっていました。なんだか楽天とは関係なさそうなドメインです。

これでますます警戒水準を上げた私は、
ux0.jp
を手打ちでブラウザに打ち込んでみました。
なんと!何も表示されません。

これはもしかしてと、さらに警戒水準を上げて、
Webでいろいろ情報を検索し、下記の記事を発見しました。

「楽天でんわサービス提供事業者変更のお知らせ」のSMSは詐欺?なぜ届いたの?について
https://sbapp.net/appnews/iphone/security/rakuten-2-98063

まあこれを読んで、なるほどと少し納得して、これは安心なんだろうと警戒を解いた次第です。
結論としては、下記のページが開くだけなのでした。

会社分割によるサービス提供会社変更のお知らせ
https://comm.rakuten.co.jp/oshirase/20190613.html

こんなこと無駄ですよね。

10万人にショートメッセージを送ったら、10万人がこんなことを気にしなければならないとすれば、そんな仕組みは誰も使わなくなっていくことでしょう。

何がよくなかったのでしょうか?
やはりドメインが良くなかったのだと思います。


ショットメッセージに含まれるリンク先URLが、
rakuten.co.jp
であれば、受信した人はまだ安心して画面を開くことができたでしょう。
ux0.jp
というような誰も知らないドメインでは安心して画面を開けないのです。
(少なくともux0.jpで配信会社のトップ画面が出てきたら、少しは安心できたと思います)

ということで、やはり今後は、
(1)社名やブランド名と関連のある分かりやすいドメインを使う
(2)社名やブランド名と関連のある分かりやすいドメインは悪用されないために所有しておく
(3)できればドメインは短いほうがいい。
ということがセキュリティ的にも今まで以上に重要になってきている
と思います。

何かの参考になればと思います。

また、新しい情報が入りましたら、皆様にシェアいたしますね。





●週に一回程度、更新情報をお届けします。
こちらからメールアドレスをご登録ください。
(まぐまぐのシステムを利用しています)