2019-04-19 09.44.37
(画像は同社Webサイトより)

皆さんこんにちは。
プライバシーザムライ中康二です。

JR九州は、自社が運営する通販サイト「ななつ星Gallary」の利用者のカード情報を含む個人情報約8000件が流出したと、4月12日付で発表しました。

流出したのは、2013年の開設以来の利用者の情報で、
「氏名」「住所」「郵便番号」「電話番号」「FAX番号」「性別」「生年月日」「メールアドレス」「職業」「パスワード(暗号化処理済)」「秘密の質問の答え(暗号化処理済)」約6,000名分
・「カード番号」「有効期限」「セキュリティコード」約3,000名分
・「氏名」「住所」「郵便番号」「電話番号」約2,000名
とのことです。

同社のリリースによると、Webサーバーに不正アクセスがあり、情報が盗まれた可能性があるとのことです。3月11日にカード会社からの不正利用の連絡があり、即日Webサイトを閉鎖したとのことです。

同社では、クレジットカードの再発行費用については自社で負担するとしています。

http://www.jrkyushu.co.jp
http://www.jrkyushu.co.jp/news/__icsFiles/afieldfile/2019/04/12/nanatsuboshi_gallery_4.pdf

(私のコメント)
Webサイトを即日閉鎖したことは素晴らしいのですが、一般公表まで1か月かかっているのは少し遅いかなと思います。


また、何か情報が入りましたら、皆様にシェアいたしますね。





●週に一回程度、更新情報をお届けします。
こちらからメールアドレスをご登録ください。
(まぐまぐのシステムを利用しています)