7payアプリ画面
(画像は7payアプリのスマホ画面)

皆さんこんにちは。
プライバシーザムライ中康二です。

セブンイレブンが7月から始めたコード決済「7pay」が、サービス開始早々から不正に利用され、事実上のサービス停止に追い込まれている件については、メディアの報道でもご存知かと思います。

不正利用の被害者が約900名、被害金額が約5580万円とのこと。ほんの数日でこれだけの不正利用があったということは、7payというシステムにそもそも大きな問題があったと言わざるを得ません。

しかも、セブン・ペイ社が開いた記者会見において、「専門家の脆弱性診断は受けていた」というようなやり取りがあり、同社の体制にも大きな問題があったと言えると思います。

日本全体でキャッシュレスを推進するために設立された業界団体である一般社団法人キャッシュレス推進協議会では、昨年サービス開始したPayPayで不正利用が相次いだことをうけて、不正アクセスに対するガイドラインを作成していましたが、7payはこのガイドラインを満たしていなかったとのことです。

セブン・ペイ社ニュースリリース一覧
https://www.7pay.co.jp/news/

経産省のリリース
https://www.meti.go.jp/press/2019/07/20190705003/20190705008.html

(私のコメント)
セキュリティ・バイ・デザインという言葉があります。これはシステムを開発、設計する時点において、予めセキュリティ対策を盛り込もうという考え方です。インターネットが普及し、世界中から不正アクセスが行われている現代においては、必須の考え方と言えると思います。

今回の7payの事態を見ますと、このセキュリティ・バイ・デザインの考え方が全く取り入れられていなかったということだと思います。日本を代表する優良企業であるセブンイレブンのグループ会社で、このような事態に見舞われたことは誠に残念と言わざるを得ないと思います。

また、何か情報が入りましたら、皆様にシェアいたしますね。






●週に一回程度、更新情報をお届けします。
こちらからメールアドレスをご登録ください。
(まぐまぐのシステムを利用しています)