前橋市個人情報流出事件
(画像は前橋市Webサイトより)

皆さんこんにちは。
プライバシーザムライ中康二です。

報道によりますと、前橋市は、2018年に発覚した特別支援学校の児童生徒の個人情報約5万件などが流出事件に関連し、ネットワークとシステムの運用管理を委託していたNTT東日本に対して、1億7千万円の損害賠償を請求する訴訟を提訴したとのことです。(前橋市Webサイトには本件は掲載されておりません)

1億7千万円の内訳については、システム復旧の際の対策費用を算出したもので、昨年よりNTT東日本に対して請求するべく交渉を続けてきたものの、同社がそれに応じないために提訴となったもののようです。

(私のコメント)
個人情報流出事件に関して、このような形でシステムを担当する会社が訴訟される事例は珍しいと思います。従来の個人による個人情報流出に関する訴訟は「精神的苦痛」に対する賠償が中心でしたが、今回のような被害を受けた団体からの訴訟は「復旧対策費用」という実額が算出されているものですので、全く性質が異なることに興味を持ちました。

また、何か情報が入りましたら、皆様にシェアいたしますね。






●週に一回程度、更新情報をお届けします。
こちらからメールアドレスをご登録ください。
(まぐまぐのシステムを利用しています)