プライバシーマークの審査方式変更(1)

皆さんこんにちは。
プライバシーザムライことオプティマ・ソリューションズの中康二です。

プライバシーマークの審査基準であるJIS Q 15001が改正されて2017年版となり、すでに2017年版での審査が始まっていますが、そもそも審査のやり方自体も大きく変わりました。

※私はこれを「新方式のプライバシーマーク審査」と呼んでいます。

この新方式の審査への移行については、JIPDECから公式発表が行われていないため、ご存じない方もおられるかもしれません。そのため、本Blog上で何回かに分けて、このことをしっかりとご案内したいと思います。

まず、「2年間の移行期間を設ける」とJIPDECは発表しています。ですから、上記の絵のように、新方式の審査が始まったとしても、古い方式の審査も2年間は並行して続けられるのかなと思いましたが、実際にはそうではなく、昨年8月以降に申請した事業者については、全面的に新方式の審査に切り替えられています。

プライバシーマークの審査方式変更(2)

そして、ここからがややこしいのですが、2006年版のままで申請した場合でも、2017年版に対応して申請した場合でも、同じく新方式の審査が行われるのです。

う〜む。どういうことでしょう。

もっと詳しく知りたい方は、下記のセミナー動画をご覧ください。


※PDFダウンロードはこちら
https://drive.google.com/file/d/1lSWirsoEFPQlOQV6g6YR5Eiy6jtzXp-E
なお、全編の視聴には申し込みが必要です。
下記からお申し込みください(無料)。
https://www.optima-solutions.co.jp/form_jis_kaisei3

また、何か情報が入りましたら、皆様にシェアいたしますね。





●週に一回程度、更新情報をお届けします。
こちらからメールアドレスをご登録ください。
(まぐまぐのシステムを利用しています)