プライバシーマークの現地審査の進め方の変更
皆さんこんにちは。
プライバシーザムライことオプティマ・ソリューションズの中康二です。

以前の記事で、プライバシーマークの審査基準であるJIS Q 15001が改正されて2017年版となるのに伴い、審査のやり方自体も新方式に変更され、しかも更新事業者も含め、一気に全部切り替えられたことを書きました。今回も、この「新方式の審査」の内容について、解説していきます。

新方式の審査においては、文書審査が25項目だけになり、現地審査の締めるウェイトが高くなりますが、それに加えて、進め方も変更になるとのことです。

従来は、午前中に全社の個人情報台帳とリスク評価のチェックを行って、午後に全社の安全管理策のチェックを行うという流れだったと思います。これを改めて、いくつかの主要な業務ごとに「台帳」「リスク評価」「安全管理策」の順番でチェックを繰り返すことになるようです。

これは、全社一括で見るのではなく、主要な業務ごとにチェックしていくことで、より具体的なリスクをより正確に追いたいということのです。

これにより一番影響を受けるのは「システム●●●」さんですね。

さて、どなたでしょう?

詳しく知りたい方は、下記のセミナー動画をご覧ください。


※PDFダウンロードはこちら
https://drive.google.com/file/d/1lSWirsoEFPQlOQV6g6YR5Eiy6jtzXp-E
なお、全編の視聴には申し込みが必要です。
下記からお申し込みください(無料)。
https://www.optima-solutions.co.jp/form_jis_kaisei3

また、何か情報が入りましたら、皆様にシェアいたしますね。





●週に一回程度、更新情報をお届けします。
こちらからメールアドレスをご登録ください。
(まぐまぐのシステムを利用しています)