新審査項目リスト

皆さんこんにちは。
プライバシーザムライ中康二です。

プライバシーマークの審査基準であるJIS Q 15001が改正されて、すでに2017年版JISによる審査が行われています。本Blogでは、この対応方法を掲載していっています。

以前に「新しい審査では文書審査の項目が25項目だけになり、その他は現地審査に移行した」という内容の記事を書きました。

では、具体的にどの25項目が文書審査に残り、どの項目が現地審査に移行したのでしょうか?

そもそも、最新の審査におけるチェック内容はどんなものなんでしょうか?

これに対する答えとして、当社では「新審査項目チェックリスト」というものを用意しました。これは2017年版JIS版の審査における審査項目を一覧にして「文書」「現地」の区分を記載したものです。今回、この文書を皆様に公開いたします。

この資料は、以前に開催した「JIS改正対応セミナー」の動画全編視聴の特典として提供されております。下記のURLからお申し込みください。(無料)。

https://www.optima-solutions.co.jp/form_jis_kaisei3

※なお、MEDIS-DCさんとデータ通信協会さんは、この内容ではなく、独自の審査項目チェックリストを使用しているようです。ご参考まで。

(参考記事)
プライバシーマークの文書審査は25項目だけになりました!
http://www.pmarknews.info/privacy_mark/52094757.html

また、何か情報が入りましたら、皆様にシェアいたしますね。

●週に一回程度、更新情報をお届けします。
こちらからメールアドレスをご登録ください。
(まぐまぐのシステムを利用しています)