49
(画面はZDNetのWebサイトより)

いつもお世話になります。
オプティマ・ソリューションズの中康二です。

ZDNetの記事によりますと、中国では今年の6月に「網絡安全法(インターネット安全法)」が施行され、中国社会に様々な影響を与えているとのことです。

日本企業としては、中国で取得した個人情報を海外に持ち出すのに規制がかかることに注意が集まっているようですが、この法律は中国企業の個人情報の取扱いについても厳しい規制をかけているとのことです。

以前は、企業の持つ個人情報が安価な価格でどんどん販売されていたものが、今回の法律ではそのような行為が禁止され、日本で言う名簿業者がどんどん廃業に追い込まれているそうです。

従来、与信チェックなどの様々な場面において、そういった雑多な個人情報を幅広く利用していたようですが、これができなくなり一部で支障が出ているとのことです。

一方で、「バイドゥー」「アリババ」「テンセント」などのIT巨人たちについては、自社で持つビッグデータを自由に活用できる点から、優位性が以前よりも高まるのではないかとの見方があるようです。

日本の個人情報保護法が「保護と有用性」の両立を目指しているのと比較すると、もしかすると中国は「保護」に偏りすぎているのかもしれませんが、まあ日本でも個人情報保護法が登場したときには過剰反応が問題になったくらいですから、同じようなものと考えたほうがいいかもしれませんね。

https://japan.zdnet.com/article/35108532/

また、何か情報が入りましたら、皆様にシェアいたしますね。







●週に一回程度、更新情報をお届けします。
こちらからメールアドレスをご登録ください。
(まぐまぐのシステムを利用しています)