08
(画像は年金機構のリリースより)

いつもお世話になります。
オプティマ・ソリューションズ株式会社の中康二です。

日本年金機構は、特定の年金加入者の情報が不正に持ち出されていることが判明し、元職員(懲戒解雇済み)が窃盗の容疑で逮捕されたと6月29日付で発表しました。

年金機構からのリリース文ならびに報道の情報を総合しますと、下記のようになります。
・今回の事件が発生したのは大阪市の淀川年金事務所である。
・社会保険庁(年金機構の前身)の時代の上司の指示に基づいて、特定の加入者の情報を持ち出していた。
・年金機構が定期的に実施している持ち物点検の結果、プリントアウトした個人情報を持ち出していることが判明した。
・今回判明したのは20名だが、数年間にわたり400人程度の情報を持ち出していたと思われる。
ということだそうです。

年金機構としては、持ち出された加入者に対しては、お詫びすると同時に、基礎年金番号の変更を行うとしています。また、全ての拠点において「検索履歴のチェック」「執務室内への監視カメラの導入」「執務室へのクリアバック以外での私物持ち込み全面禁止」など再発防止策を実行していくとしています。

http://www.nenkin.go.jp/oshirase/press/2017/201706/20170629.files/20170629.pdf

(私のコメント)
年金機構では、前身の社会保険庁だった2004年に、著名人や政治家の年金未納がマスコミ等で話題になった際に、職員による業務目的外閲覧が発生し、多数の職員に対して懲戒処分を行った経緯があります。当時から、検索履歴をしっかりと残す仕様になっているのだなと感心しておりました。今回の事件は大変残念なことですが、いつかは発覚する運命だったのだと思います。

(追記)
続報が出ました。元職員は見返りに現金10数万円を受け取っていた疑いがあるとのことです。また元上司は行政書士と並行して探偵業もしていたとのことです。
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170719/k10011064411000.html

また、何か情報が入りましたら、皆様にシェアいたしますね。






●週に一回程度、更新情報をお届けします。
こちらからメールアドレスをご登録ください。
(まぐまぐのシステムを利用しています)