プライバシーマーク・ISMS最新情報

プライバシーザムライが、プライバシーマーク/個人情報保護、ISMS/情報セキュリティの最新情報をお届けします。

2007年04月

67ec9b4b.jpgトッパンフォームズ(東京都港区)は、4月25日、開催中のRSAカンファレンスにおいて、電子ペーパー技術を使用して、クレジットカードと同様の形状のワンタイムパスワード生成器を開発したと発表した。続きを読む

Internet Watchの「鈴木直美のセキュリティレポート」において、ライターの鈴木直美さんが2006年一年間に発生した個人情報流出事件・事故を独自に集計した結果を発表しています。一つ一つ独自に調査を続けたもので、大変貴重なデータです!続きを読む

プライバシーマーク制度を主催している(財)日本情報処理開発協会(略称:JIPDEC)は、「個人情報保護のための内部監査の進め方コース」の開催を発表しました。続きを読む

報道によりますと、京都市、京都府京田辺市の市立小中学生9人が、4月16日付で、24日に文部科学省が実施する予定の「全国学力テスト」について、個人情報保護法に違反しているとして、京都地裁に本テストの中止を求める仮処分を申請したそうです。続きを読む

報道によりますと、ジャパネットたかた(長崎県佐世保市)は、4月16日までに、同社の顧客情報を持ち出し、販売し、同社を1ヵ月半の営業自粛に追い込んだ元社員に対して、約1億1千万円の損害賠償を求める訴訟を提訴したとのことです。続きを読む

政治アナリストの花岡信昭氏が4月12日付けで公開したコラムによると、先月高知空港で発生したボンバルディア社製の航空機事故において、事故を起こした全日空は機長の名前を「個人情報であるから」との理由で明かさなかったとのことです。続きを読む

3
株式会社ソニーファイナンスインターナショナル(東京都港区)は、4月6日付で、自社の社員による個人信用情報の不正利用について、社内調査の結果を発表した。続きを読む

総務省中国総合通信局は、4月10日付で、中国地方を中心として、携帯メールに対する架空請求が多数発生していると注意喚起しました。続きを読む

またまた未確認情報ですが、大日本印刷からの大規模個人情報流出事件で、ジャックスカードも500円の金券を送っているようです。続きを読む

今回の大日本印刷からの大規模個人情報流出事件に関して、実は過去の流出事件で原因不明のまま終わっていたものが、実は今回の犯人の犯行であったことが明らかになっています。続きを読む

国内で史上最大規模となった大日本印刷の個人情報流出事件ですが、その後様々な情報が明らかになり、また様々な動きが出ています。少しずつ取り上げていきます。続きを読む

経済産業省は、3月30日付で、(株)ソニーファイナンスインターナショナルとUFJニコス(株)に対し、個人情報保護法に対する違反があったとして、34条1項の規定に基づく「勧告」を行いました。続きを読む

↑このページのトップヘ