プライバシーザムライがゆく(プライバシーマーク・ISMS最新情報)

プライバシーマーク、ISMSのことなら、当社(オプティマ・ソリューションズ)にお任せください。

2013年06月

sns

復興庁職員がツイッターで不適切な発言をしたとして問題になっていることを受けて、総務省は「国家公務員のソーシャルメディアの私的利用に当たっての留意点」という指針を取りまとめ、各府省庁を通して各職員への周知徹底を図ると、6月28日付で発表しました。

内容を一部要約して抜粋します。
●法令(国家公務員法、著作権法)を遵守すること。特に国家公務員法に規定する守秘義務、信用失墜行為の禁止や政治的行為の制限に違反しないこと。
●以下の内容を含む発信は、信用失墜行為に該当する場合がある。
 1)職務の公正性・中立性に疑義を生じさせる恐れがある内容
 2)他人や組織を誹謗中傷する内容や他人に不快感・嫌悪感を起こさせるような内容
 3)公序良俗に反する内容や他人の権利利益を侵害する恐れのある内容、差別的発言など社会規範に反する内容
●勤務時間中の発信は行わないこと。
●所属や氏名を明かして発言する場合には、組織としての見解ではないことを明記する。
●業務端末では発信しないこと。
●ソーシャルメディアの特性を踏まえて、発信内容を事前に改めて確認すること。
●自己または他人のプライバシーに関する情報を意に反して公開しないよう、設定を充分に確認すること。
●面識のない人からの友達申し込みには安易に受諾しないこと。
●アカウントが乗っ取られないよう、パスワードの管理を適切に行うこと。
●位置情報を他人に知られることの影響に留意し、必要に応じて機能を停止すること。
●端末におけるウイルス対策を怠らないこと。
●特定のアプリの利用や、いいね!などを押すことによる意図せぬ自動発信に注意すること。

http://www.soumu.go.jp/menu_news/s-news/01jinji02_02000084.html
http://www.soumu.go.jp/main_content/000235466.pdf

(私のコメント)
ソーシャルメディアの私的利用に関するガイドラインとしては、民間企業においても大変参考になる内容だと思います。一方的に利用禁止するわけではなく、バランスがよく取れていると思います。

ROBINS

プライバシーマークの制度を運営している一般財団法人日本情報経済社会推進協会(略称:JIPDEC)プライバシーマーク推進センターは、この度「プライバシーマーク付与事業者検索」を公表しました。

これは、事業者名、都道府県、認定番号、業種などにより、プライバシーマーク認定事業者を検索できるもので、例えば
1)この会社は本当にプライバシーマークを取得しているのか知りたい
というような場合や、
2)自社の同業者では全国で何社くらいプライバシーマークを取得しているのだろうか知りたい
というような場合に便利に使用できると思います。

https://robins.jipdec.or.jp/robins/reference_ImportSearchAction.do?referrercode=JIPDEC_PCODE_F

(私のコメント)
スマホ用画面はないようですが、スマホでも使えるようです。便利になっていいと思います。

shibahara

「個人情報保護士認定試験 公式テキスト」の著者でもあり、個人情報保護関連セミナーの講師で多数の実績を持つ柴原さんが、個人情報保護担当者のためのセミナーを開催するそうですので、本Blogでもご紹介いたします。

タイトル:【個人情報を事業で扱うすべての人向け】
     2時間半で個人情報の取り扱いに自信がもてる!セミナー
     〜自信がもてない原因「5つの誤解」が一気に解消します〜
日時:2013年06月13日(木)
   一回目 14:00 〜 16:30 (受付開始 13:30)
   二回目 19:00 〜 21:30 (受付開始 18:30)
場所:ラーニングエッジ西新宿キャンパス
東京都新宿区西新宿8-4-2 野村不動産西新宿ビル4F
(JR新宿駅西口から徒歩10分程、丸ノ内線西新宿駅 直結)
費用:12,800円(2名まで同料金)

http://www.expert-promo.com/seminar/kojinjohoseminar1.html

(私のコメント)
柴原さんは、個人情報保護士の関連書籍の著者としては、私のライバルでもありますが、ここ数年、いろいろな場面でお付き合いが深まっています。今回のセミナーではどんな話をしてくれるのか、期待したいです!




↑このページのトップヘ