プライバシーマーク・ISMS最新情報

プライバシーザムライが、プライバシーマーク/個人情報保護、ISMS/情報セキュリティの最新情報をお届けします。

2019年10月

セキュリティ博士登場!
皆さんこんにちは。
プライバシーザムライ中康二です。
(オプティマ・ソリューションズ株式会社・代表取締役)

当社では5年ほど前から、不定期に「プライバシーマーク担当者勉強会」を開催し、多くのプライバシーマーク担当者の皆様にお集まりいただいております。そこでいただいた声が「ISMSでも同様の勉強会をやってほしい」というものでした。

そこで!ついに初めての試みとして、ISMS担当者勉強会を開催いたします!!!(パチパチ)

タイトルはなんと「セキュリティ博士が語る・ISMS運用のコツ」です。

今回の講師は私ではなく、当社のニューキャラ「セキュリティ博士」が担当いたします。

・ISMS審査前に準備しておくべき6つのポイント
・最新のリスクアセスメントのやり方

などなど、ISMS担当者の皆様の気になる内容をお話しさせていただきます。

なお、単にお聞きいただいて帰っていただくだけではなく、セミナーの途中で皆さん同士で意見交換をしていただくグループワークや、セミナー終了後にはネットワーキングタイムも予定しております。

ISMSの実務担当者様同士でぜひ意見交換していただきたいですし、個別の質問にも講師や弊社スタッフが多少はお答えできると思います。

セミナー
(セミナー)

グループワーク
(グループワーク)

ネットワーキングタイム
(ネットワーキングタイム)

集合写真
(集合写真)

皆様、どうぞお越しください。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
講師プロフィール
セキュリティ博士(ISMSコンサルタント・大塚晃司)
otsuka
会計事務所にてコンサルティング業務に従事していた際に、「同じコンサルでもこれからはセキュリティの時代だろう!と一念発起。情報セキュリティ業界に転身。その後、数多くのお客様でのSMS取得を支援しており、分かりやすい説明には定評があります。


タイトル:第一回ISMS担当者勉強会「セキュリティ博士が語る・ISMS運用のコツ」
日時:2019年11月20日(水)16時から19時まで
 (ネットワーキングタイム含む)
講師:セキュリティ博士(ISMSコンサルタント・大塚晃司)
参加対象者:ISMS・プライバシーマーク認定事業者の役員、担当者の方
(これからの取得をご検討中の方、プライバシーマーク担当者も歓迎します)
参加費:無料(1社2名様まで)
場所:TKP新橋カンファレンスセンター
 東京都千代田区内幸町1-3-1 幸ビルディング 11F
・都営三田線 内幸町駅 A5出口 徒歩0分
・各線 新橋駅 徒歩5分
 https://www.kashikaigishitsu.net/facilitys/cc-shimbashi-uchisaiwaicho/access/


主催:オプティマ・ソリューションズ株式会社
※恐縮ですが、弊社と同業になるコンサルタントの方は参加ご遠慮ください。

参加される方は下記のボタンから登録してください。
      ↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
      ↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
      ↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
      ↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
btn_semlp2

もちろん私も参加します。
皆さんとお会いできるのを楽しみにしております!
23316524_1720897361264095_2559799525389876630_n
プライバシーザムライ 中康二

新審査項目リスト

皆さんこんにちは。
プライバシーザムライ中康二です。

プライバシーマークの審査基準であるJIS Q 15001が改正されて、すでに2017年版JISによる審査が行われています。本Blogでは、この対応方法を掲載していっています。

以前に「新しい審査では文書審査の項目が25項目だけになり、その他は現地審査に移行した」という内容の記事を書きました。

では、具体的にどの25項目が文書審査に残り、どの項目が現地審査に移行したのでしょうか?

そもそも、最新の審査におけるチェック内容はどんなものなんでしょうか?

これに対する答えとして、当社では「新審査項目チェックリスト」というものを用意しました。これは2017年版JIS版の審査における審査項目を一覧にして「文書」「現地」の区分を記載したものです。今回、この文書を皆様に公開いたします。

この資料は、以前に開催した「JIS改正対応セミナー」の動画全編視聴の特典として提供されております。下記のURLからお申し込みください。(無料)。

https://www.optima-solutions.co.jp/form_jis_kaisei3

※なお、MEDIS-DCさんとデータ通信協会さんは、この内容ではなく、独自の審査項目チェックリストを使用しているようです。ご参考まで。

(参考記事)
プライバシーマークの文書審査は25項目だけになりました!
http://www.pmarknews.info/privacy_mark/52094757.html

また、何か情報が入りましたら、皆様にシェアいたしますね。

個人情報台帳に「保管期限」の欄を追加

皆さんこんにちは。
プライバシーザムライ中康二です。

プライバシーマークの審査基準であるJIS Q 15001が改正されて、すでに2017年版JISによる審査が行われています。本Blogでは、この対応方法を掲載していっています。

今回、ご説明したいのは、「個人情報台帳に保管期限の欄を追加してください」ということです。これはすでに対応されている方も多いと思いますが、改めて解説しておきます。

2017年の個人情報保護法の改正で、「第19条 正確性の確保」の努力義務の中に、「利用する必要がなくなった個人データの消去」が含まれました。これをうけて、2017年版JISも「A.3.4.3.1 正確性の確保」の中に同様の内容を盛り込むとともに、「A.3.3.1 個人情報の特定」の中で「個人情報台帳に保管期限を記載すること」が明記されました。

この保管期限とは、利用期限とは異なる概念で、事業者としてはこの両方を別々に管理する必要があります。(これについては、下のリンクを参照してください)

というわけで、2017年版JIS対応において、「個人情報台帳に保管期限の欄を追加する」ことは必須とお考え下さい。

2017年版JIS対応について、もっと詳しく知りたい方は、下記のセミナー動画をご覧ください。



※PDFダウンロードはこちら
https://drive.google.com/file/d/1lSWirsoEFPQlOQV6g6YR5Eiy6jtzXp-E

なお、全編の視聴には申し込みが必要です。下記からお申し込みください(無料)。
セミナー開催時に配布した「新審査項目リスト」もご提供しますので、お見逃しなく!
https://www.optima-solutions.co.jp/form_jis_kaisei3

(参考記事)「利用期限」と「保管期限」の違い
http://www.pmarknews.info/privacy_mark/52073245.html

また、何か情報が入りましたら、皆様にシェアいたしますね。


↑このページのトップヘ