東京国税局で、47万人の納税者データを納めたことのあるノートパソコンが盗難されたとのこと。47万人ですよ!!!
個人情報が、政府機関からこれほどの規模で危険にさらされたことは過去に例がなく、重大な事件だと思います。

今回流出の可能性がある個人情報は、年収1000万円以上の人の氏名、住所、電話番号、生年月日、納税額だそうです。とっても使えそうなデータですね。

とにかく、民間の持っている個人情報と比較して、政府や地方自治体の持っているデータというのは、その内容や量や正確性という点でレベルが異なっています。政府機関にはもっともっと厳重な個人情報保護対策、セキュリティ対策を求めたいと思います。

掲載URL:
http://www.asahi.com/national/update/0916/TKY200509160194.html



●週に一回程度、更新情報をお届けします。
こちらからメールアドレスをご登録ください。
(まぐまぐのシステムを利用しています)