第一生命保険相互会社(東京都千代田区)は、11月2日、自社の顧客情報54名分が掲載されたリストが、その一部の顧客本人に送付されていることが分かったと発表した。
これを実行した人が、何を求めてこのようなことをしたのかは不明ですが、第一生命に対する嫌がらせ、業務を妨害しようとしていることは確かだと思われます。第一生命としては現在警察に相談中とのこと。

個人情報保護法の施行後の社会的関心の高まりの中で、その流れを企業に対する攻撃に使った例として、記録しておきたいと思います。

関連URL:
http://www.dai-ichi-life.co.jp/news/pdf/nr05_48.pdf



●週に一回程度、更新情報をお届けします。
こちらからメールアドレスをご登録ください。
(まぐまぐのシステムを利用しています)