11月11日、札幌高裁は、北海道江別署の巡査の私用パソコンから8人分の個人情報を含む捜査情報が流出した事件において〜
個人情報が流出して被害をうけた男性の訴えを退け、40万円の損害賠償を認める地裁判決を取り消し、男性の請求を棄却した。

判決文において、情報流出の原因となったコンピューターウイルスは当時、一般には知られておらず、情報流出の予見可能性があったとは言えないとし、一審判決の判断を変更した。

掲載URL:
http://www.hokkaido-np.co.jp/Php/kiji.php3?&d=20051111&j=0022&k=200511112535

関連URL:
http://blog.livedoor.jp/saitekikai/archives/20417569.html



●週に一回程度、更新情報をお届けします。
こちらからメールアドレスをご登録ください。
(まぐまぐのシステムを利用しています)