(財)日本情報処理開発協会(東京都港区、略称:JIPDEC)のプライバシーマーク事務局は、3月17日に、新JIS Q 15001への移行計画を発表した。
経済産業省で行われているJIS Q 15001の改定作業は、2006年5月中旬に完了し、JIS Q 15001:2006として制定されるとのこと。

これにあわせて、JIS Q 15001に基づいてプライバシーマーク制度を運用しているJIPDECでは、下記の移行計画を発表しました。

1)制定日を起算日として6ヵ月間を「経過措置期間」として、この間は新旧いずれでも選択して新規及び更新申請できる。
2)経過措置期間後から2年間を「移行措置期間」として、満了日をもって旧JISの適用を廃止する。
3)すべてのプライバシーマーク付与認定事業者は、移行措置期間における更新認定の機会を利用して新JISへ移行すること。
4)移行措置期間内は、前倒しして更新申請できる。

JIPDECでは、今回の移行計画に関する研修会を各地で開催するとのこと。関係者の皆様は是非ご出席下さい。

http://privacymark.jp/pr/20060317.html




●週に一回程度、更新情報をお届けします。
こちらからメールアドレスをご登録ください。
(まぐまぐのシステムを利用しています)