久しぶりの大規模流出事件です。KDDIのインターネット接続サービス「DION」の顧客情報400万件が流出し、同社に対する恐喝事件に発展、6月13日に犯人が逮捕されました。
流出していたのは、2003年12月時点の顧客情報で、正確には450万件、399万6789人分の名前、住所、電話番号、一部の顧客については性別、生年月日、メールアドレスも含まれているとのこと。

このデータを入手した男性二人が5月30日にKDDIに電話でコンタクトし、その後3回にわたって訪問したという。訪問時、この二人は「マスコミに持ち込んだら大変な騒ぎになりますね」と言いながら、指のしぐさなどで現金を要求したとの疑いで、恐喝未遂容疑で逮捕されたものです。

この顧客情報を取り出すには、社内のシステムルームのパソコンを使用することが必要であることから、内部の人間が関与しているものと思われます。

国内における個人情報流出事件としては、2004年2月に発覚したYahoo!BB事件(452万人分)に次いで過去2番目の規模となる。

http://www.yomiuri.co.jp/net/news/20060614nt03.htm
http://internet.watch.impress.co.jp/cda/news/2006/06/13/12316.html
http://www.kddi.com/corporate/news_release/2006/0613/index.html



●週に一回程度、更新情報をお届けします。
こちらからメールアドレスをご登録ください。
(まぐまぐのシステムを利用しています)