総務省と経済産業省が推進する「ボット」対策である「サイバークリーンセンター」が、昨日12月12日付けで始動したようです。
ボット(BOT)の定義(同サイトより引用)
コンピュータを悪用することを目的に作られた悪性プログラムで、コンピュータに感染すると、インターネットを通じて悪意を持った攻撃者(以下「攻撃者」という)が、あなたのコンピュータを外部から遠隔操作します。感染すると、この攻撃者があなたのコンピュータを操り「迷惑メールの大量配信」、「特定サイトの攻撃」等の迷惑行為をはじめ、あなたのコンピュータ内の情報を盗み出す「スパイ活動」など深刻な被害をもたらします。この操られる動作が、ロボット(Robot)に似ているところから、ボット(BOT)と呼ばれています。

政府がウイルス対策に予算をかけて乗り出すというのはきわめて異例のことと思います。今後、政府のお金で対策する部分と、民間サービスでカバーする部分の線引きがどのようになっていくのか注目していきます。

https://www.ccc.go.jp/index.html
http://www.meti.go.jp/press/20061212001/20061212001.html



●週に一回程度、更新情報をお届けします。
こちらからメールアドレスをご登録ください。
(まぐまぐのシステムを利用しています)