再春館製薬所(熊本県上益城郡益城町)は、5月2日付で、自社のウェブサイトに大量の不正アクセスがあり、14万人分の顧客情報が流出した可能性があると発表し、ウェブサイトの公開を中止した。
流出した可能性のある個人情報は、
 メールアドレス      
 氏名      
 電話番号      
 ユーザーID      
 パスワード
とのこと。

クレジットカード番号など決済情報は含まれないとのことです。

外部からの不正アクセスで顧客情報を大量に盗まれるというのは、カカクコム事件で有名になった「SQLインジェクション」が行われたのではないかと推測されますが、実際のところは、同社からの続報を待ちたいと思います。

http://www.saishunkan.co.jp/



●週に一回程度、更新情報をお届けします。
こちらからメールアドレスをご登録ください。
(まぐまぐのシステムを利用しています)