社団法人コンピュータソフトウェア協会(CSAJ)は、7月25日付の会員向けメールにおいて、同協会が第12番目のプライバシーマーク指定機関として認定されたと発表した。

これは、7月24日に開催された日本情報処理開発協会(JIPDEC)のプライバシーマーク制度委員会において正式に認定が下されたもの。
これにより、CSAJの会員はJIPDEC(日本情報処理開発協会)ではなく、CSAJの審査によりプライバシーマークを取得・更新できるようになります。

CSAJの会員は、全国のコンピュータソフトウェア開発メーカーが中心で、519社に上るという。会長は、オービックビジネスコンサルタントの和田会長が務めている。

※ちなみに弊社(オプティマ・ソリューションズ株式会社)も、今年から加盟しております。

JIPDECでは、プライバシーマークの取得事業者に対する審査を自ら行うのではなく、できる限り指定機関に移行していきたいという考え方を持っているようですが、今回のCSAJに対する指定機関の認定もその動きの一環と思われます。

http://www.csaj.jp/index.html
http://privacymark.jp/index.html



●週に一回程度、更新情報をお届けします。
こちらからメールアドレスをご登録ください。
(まぐまぐのシステムを利用しています)