徳島大学病院(徳島県徳島市)は、9月13日付けで、9月8日深夜から9日未明にかけて、複数のパソコンが盗難され、その中に約23万人分の個人情報が記録されていたと発表しました。同病院は、大学病院としては珍しいプライバシーマーク取得事業者です。
盗難されたパソコンに含まれていた個人情報は、氏名、患者番号、生年月日、診断名などを含む検査結果。ID・パスワードでの認証のほか、同院独自のセキュリティ対策が施されているため、第三者による閲覧は困難という。

(私のコメント)

このような結果が起こってしまったということは、同院の物理的安全管理策が不十分であったということを示していると言わざるを得ません。職員と、患者、見舞い客が大量に出入りする病院という特性上、入退出管理などの物理的安全管理を徹底することが難しいのかもしれませんが、さらなる対策が求められていると考えます。

http://www.tokushima-hosp.jp/p_news/news.html#150



●週に一回程度、更新情報をお届けします。
こちらからメールアドレスをご登録ください。
(まぐまぐのシステムを利用しています)