2006年版のJIS Q 15001に基づいたプライバシーマークの審査においては、ファイルサーバーのアクセスログを残すようにと言われるケースが多くなっています。Windowsサーバーの場合、標準のイベントビューアーは表示される項目や内容が難解で、事実上よく分からないということが発生します。そこで、専用のソフトが必要とされています。
しかし、Windowsサーバーのアクセスログをうまく残してくれて、かつセンスよく表示してくれて、安価なソフトがなかなかなく、プライバシーマークを取得・更新しようとする企業の担当者様はご苦労をされているものと思います。

こういったニーズに適したソフトが発表されていますので、ご紹介します。

それは、「サイボウズMT Server Log」というソフトウェアです。詳しくはリンク先のページを見ていただきたいと思いますが、プライバシーマークの運用確認の一環として、共有サーバーのアクセスログをきちんと残して、それを確認したいというニーズには適していると思います。

定価は30万円とのことですが、年内なら99800円でのキャンペーン価格が設定されているとのことです。ただし2年目以降もライセンス料として年間5万円がかかりますので、それなりには費用がかかります。

(私のコメント)
もっと安くてよいソフトはないものか。。もう少し調査します。

http://www.nexterm.jp/product/software/serverlog/




●週に一回程度、更新情報をお届けします。
こちらからメールアドレスをご登録ください。
(まぐまぐのシステムを利用しています)