1月1日付読売新聞の記事によると、NTTドコモが、個人情報を端末に記録しない携帯電話を開発しているとのことです。
記事によると、電話帳情報や電子メールの内容などをすべてサーバー上で管理し、保管するため、万が一端末を紛失した場合でもサーバー側の操作で削除することができるという仕組みのようです。

この記事の中で、すでに発売中の機種で利用可能な「2in1」サービスを使用する場合には、2つ目の電話番号を使用するモードでは、電話帳もメールの内容もサーバー上に保存する仕組みを採用しているとのことで、これを利用すれば、今でもほぼ同様のことが行えるようです。

「2in1」の思わぬメリットを発見してしまいました。

ビジネスユースには、セキュリティの面からも「2in1」を採用する意味があるかもしれませんね。

http://www.yomiuri.co.jp/net/news/20080104nt02.htm



●週に一回程度、更新情報をお届けします。
こちらからメールアドレスをご登録ください。
(まぐまぐのシステムを利用しています)