kanpo株式会社かんぽ生命保険(東京都千代田区)は、10月08日付けで、同社の加入者の個人情報が、同社のシステム開発業務の委託先社員の私物パソコンから、Winnyネットワーク上に流出したと発表した。

流出したのは、簡保(簡易生命保険)加入者の「カナ氏名」「生年月日」「住所コード」など13,574名分。

2007年3月に、当時の日本郵政公社簡易保険事業総本部がシステム開発を委託していた日本情報通信開発株式会社(東京都港区、ISMS認証取得済み)の社員が、作業のために業務用パソコンから自宅の私物パソコンに今回流出した個人情報をメールで送信していたものが、この私物パソコンがファイル共有ソフト「Winny」をターゲットとしたウィルスに感染し、ネットワーク上に流出したことが10月7日に発覚したという。

同社では、流出した個人情報の不正利用などの二次被害は確認されていないという。

(私のコメント)
確かに、カナ氏名と生年月日と住所コードだけでしたら利用価値はないのかもしれませんが、Winnyでの流出ということで今後も当分の間は流通し続けることになりますので、「二次被害なし」の一言で終わらせられてしまうと、ちょっといかがなものかと気になります。

http://www.jp-life.japanpost.jp/aboutus/press/2009/abt_prs_id000169.html



●週に一回程度、更新情報をお届けします。
こちらからメールアドレスをご登録ください。
(まぐまぐのシステムを利用しています)