10月15日午後、アークヒルズ(東京都港区)内にあるエムオーテックス株式会社東京本部セミナールームにおいて、LanScopeシリーズでおなじみのエムオーテックス社と弊社の共催セミナーの第一回目が開催されました。

-------------------------------------------
「最新IT動向セミナー」【第2弾】
〜意外に知らないPマーク取得の本音と建前〜
-------------------------------------------

熱心な参加者の皆様に、たくさん集まっていただきまして、会場はちょうど満員でした。

第一部で私から「Pマーク取得って難しいのか?」と題したお話をさせていただき、第二部は、エムオーテックスの坂本さんから「Pマーク取得・更新に有効なLanScopeの活用法とは」と題して、デモを交えた分かりやすいお話でした。

参加者満足度も88%と、非常に高い数字を記録しました。

今回のセミナーを開催してみて感じたことですが、
(1)社内制度としてのプライバシーマーク
(2)セキュリティ対策システムとしてのLanScopeシリーズ
の2つは、ある意味で車の両輪ともいえるということです。

セミナーの中でもお話しましたが、
もちろんLanScopeシリーズのような特別なシステムを導入しなくても、プライバシーマークは取得できます。

でも、システム的な裏づけがないと、人間系でそれを処理することになりますし、低い水準のセキュリティ対策にとどまってしまうことは事実です。(繰り返しますが、それでもマークは取れます)

そこに、LanScopeシリーズのようなシステム的な裏づけがあると、セキュリティ対策が容易になると同時に、より高い水準を実現することができます。

また、逆に、セキュリティ対策システムを導入する際、プライバシーマークを取得しなければならないということはありません。

しかし、プライバシーマークの取得した場合に行うはずの社内体制作りが行われていない場合、せっかくのシステムもあまり効力を発揮しないと思います。(システム管理者の単なるおもちゃになってしまう危険性すらあります)

そこに、社長を筆頭とする個人情報保護のための社内体制がきちんと整備されていれば、単なるシステムではなく、会社運営のための目的が注入されることになり、定期的な教育・監査を行ったりすることになりますし、日常的な運用にも大きな意味が出てくると思いました。

だから、結論的にプライバシーマークと、LanScopeシリーズは、とっても相性がいいのだと、セミナーを終えた後に気づいたのです。(笑)

第二回目以降は、そういう話も含めていきたいと思います。
まだ席に若干の余裕がありますので、関心をお持ちの方は、今すぐお申し込みください。

第二回目 2009年10月23日(金)エムオーテックス大阪本社にて開催
第三回目 2009年11月18日(水)エムオーテックス東京本部にて開催

※大阪で第四回目を行う予定もあります!

いずれも14:00〜16:15(受付開始時刻13:30〜)
参加費:無料

http://www.motex.co.jp/seminar/2009_optima-seminar.shtml



●週に一回程度、更新情報をお届けします。
こちらからメールアドレスをご登録ください。
(まぐまぐのシステムを利用しています)