alico_logoアリコジャパンは、10月29日付けで、自社から流出したと思われるクレジットカードの不正利用(正確には不正照会と思われます)が続いており、9月11日に発表した18,184名という流出範囲を拡大することになるかもしれないとする発表を行いました。

また、これは未確認情報ですが、三菱UFJ証券から流出した顧客名簿に名前が含まれていた方のところには、今でもセールスの電話がかかってきていると聞きました。

本当に、個人情報が一度流出してしまうと、それを取り戻すことは事実上不可能であり、いつまでも被害が続くことになります。

クレジットカードの場合には、番号を変更して新しいカードを発行することで回避可能ですが、これにはそれなりの費用がかかります。また、電話番号やメールアドレスの場合には、個人にとって重要なコミュニケーション手段でもありますので、簡単には変更できない場合があると思います。

とにかく、最初の個人情報の流出をおこなさないこと、これが企業にとって重要なことであると改めて実感しました。

http://www.alico.co.jp/about/09_0723.htm
http://blog.optima-solutions.jp/archives/51341710.html




●週に一回程度、更新情報をお届けします。
こちらからメールアドレスをご登録ください。
(まぐまぐのシステムを利用しています)