20110524

NPO日本ネットワークセキュリティ協会が、4月に発表した「情報セキュリティインシデントに関する調査報告書〜発生確率編〜」という資料が興味深いので、本Blogでもご紹介します。

この調査によると、この1年間で
・電子メールの誤送信を行った人は約40%。
・FAXの誤送信を行った人も約40%。
・携帯電話、ノートパソコン、USBメモリの紛失・盗難にあった人は約3~6%
ということが分かりました。

本調査では、おっちょこちょいの社員は、複数の事象を起こす可能性が高いことや、ノートパソコンの紛失に関しては、実は社内での紛失が飲み屋での紛失よりも多いなど、興味深い内容が含まれています。参考にしていただければと思います。

http://www.jnsa.org/result/incident/2010_probability.html



●週に一回程度、更新情報をお届けします。
こちらからメールアドレスをご登録ください。
(まぐまぐのシステムを利用しています)