products

経済産業省と総務省は、2月29日付けで、グーグル株式会社に対し、同社が3月1日付けで新たに適用すると発表しているプライバシーポリシーに関して、法令遵守と利用者に対する分かりやすい説明を求める文書による通知を行いました。

今回の通知の内容は下記の通りです。全文を引用します。

・統合されたプライバシーポリシーに従ってサービスを提供する際には、利用目的の達成に必要な範囲を超えた個人情報の取扱いや個人データの第三者への提供を行わないとともに、利用目的の達成に必要な範囲を超えて個人情報を取り扱う場合や個人データを第三者に提供する場合にはあらかじめ本人の同意を取得するなど、個人情報についてその適切な取扱いが図られるよう、個人情報の保護に関する法律(平成15年法律第57号)を遵守することが重要であること。

・電気通信事業法(昭和59年法律第86号)における通信の秘密の保護等に関する規定を遵守するとともに、利用者に対してプライバシーポリシーやサービスに関して分かりやすい説明をしていくことが重要であること。

・こうしたことを踏まえ、適切にサービスを提供していくとともに、3月1日以降も利用者から出てくる実際の懸念や要望に応えるべく、必要な追加的説明や措置等をとることにつき柔軟な対応をすることが重要であること。

特定のネットワークサービスがプライバシーポリシーを変更するにあたって、今回のように中央省庁から通知が行われることは極めて異例なことです。今回の同社のポリシー変更の影響の大きさを表すとともに、説明が不十分であることから混乱が拡がっている現状を示していると思います。

経済産業省
http://www.meti.go.jp/press/2011/02/20120229011/20120229011.html

総務省
http://www.soumu.go.jp/menu_kyotsuu/important/kinkyu02_000117.html

(私のコメント)
Googleが今日から適用するといっている新ポリシーについては、世界的に混乱が起こっています。それは「今回のポリシー変更により、Googleの集めている個人情報が一元管理されるようになり、今まで以上に個人情報が活用される」のではないかということです。EUはこれに対して異議を出してますし、ライバルのマイクロソフトなども批判広告を出しています。
しかし、私が思うにはGoogleは以前より一元管理しており、何も変わらないのではないかと思っています。どちらが正しいのか、Googleからの分かりやすい説明が求められています。

(3月7日追記)
Googleは、3月1日付けで、今回の同社のプライバシーポリシー変更に対する公式見解を発表しています。詳しくは下記の記事をご参照下さい。
http://www.pmarknews.info/archives/51823902.html



●週に一回程度、更新情報をお届けします。
こちらからメールアドレスをご登録ください。
(まぐまぐのシステムを利用しています)