2013-04-026


株式会社NTTデータ(東京都江東区)は、4月15日付で、社員の私物スマートフォンを業務で活用する「BYOD(Bring your own device)」を促進するため、Android端末の設定を自動的に切り替えるアプリケーションを開発し、Gogle Play上で無償配布すると発表しました。

この技術は、位置、時間、利用者などの属性に合わせて、Android端末の設定を自動的に切り替えることにより、個人のスマートフォンなどを業務に使用する際の様々な問題を解決しようというもので、同社ではこの技術を一つの契機として、国内で期待が高まっているBYODの流れを促進したいとのことです。

なお、4月25日に都内で開催されたモバイルセキュリティ勉強会において、このプロジェクトを推進している同社の小山さんが本件に関するプレゼンテーションを行いました。小山さんは、本技術の有用性を確認するため、社内の一部の部署で実際にこの切替アプリを使用したBYODの実証実験を行なっているとのことです。

http://www.nttdata.com/jp/ja/news/release/2013/041500.html(プレスリリース)
https://play.google.com/store/apps/details?id=jp.co.nttdata.sddc.demo(Google Play)
http://www.youtube.com/watch?v=Z6DDVpQyL2I(動画デモ)

(私のコメント)
NTTデータという巨大企業の中で、筋を通してBYODを実際にやるには、当然ながらいろいろな苦労があったとのことですが、そういう苦労も含めて、同社のBYODのノウハウとなり、ビジネス展開に役立つのではないかと思いました。今後の同社の動きに期待したいです。




●週に一回程度、更新情報をお届けします。
こちらからメールアドレスをご登録ください。
(まぐまぐのシステムを利用しています)