画像1


情報セキュリティEXPO会場よりレポートします。

スマホやタブレットを業務で使用させる場合に、特に頭が痛いのが紛失時の情報流出でしょう。BYOD(私物機器を業務で使用させる)の場合には、なおさらでしょう。

そこで、今回のEXPOではそういったことに対するソリューションが多く出品されていますが、中でもソリトンシステム社ブースで説明されていた「DME」をご紹介します。

これは、スマホやタブレット用の一つのアプリで、そのアプリの中にメールソフトやスケジューラ、ブラウザなどを含んでいるいわば仮想環境です。この仮想環境に限って、会社のメールサーバーや業務システムへのアクセスを許可するようにすることで、会社の情報は全てその仮想環境内に収められていることになり、私用の情報とは明確に分離できます。また、万が一の紛失などの際にも、アプリとそこに含まれる情報だけを削除すれば一切の情報流出を心配しなくてよいということになるわけです。

実際の画面を見せていただいて、詳しい話を聞かせていただきましたが、なかなかいけてると思いました。

価格的にも1端末月1000円程度だそうですので、オススメします。

画像1


http://www.soliton.co.jp/products/service/dme/





●週に一回程度、更新情報をお届けします。
こちらからメールアドレスをご登録ください。
(まぐまぐのシステムを利用しています)