01

情報セキュリティの専門会社である株式会社ラック(東京都千代田区)のサイバー救急センターの出動件数が1000件を突破したことをきっかけとし、同社では現場からのレポートを公開していますので、本Blogでもご案内いたします。

同社は、情報漏えい事件の多発に際して、2006年に「個人情報119番」という緊急対応サービスを立ち上げ、情報漏えい事件が発生してどうすればいいのか分からず右往左往する企業に対する援助を開始しました。その後、体制を強化して2009年に「サイバー救急センター」となり、そこからの出動実績が1000件を突破したとのことです。

現場からのナマの声が読めますので、おススメいたします。

http://www.lac.co.jp/news/2015/03/30_press_01.html

(私のコメント)
いつもながら、興味深い内容になっています。同社のサービスとしては24時間365時間眠らない監視センターである「JSOC(ジェイソック)」が有名ですが、こちらの「サイバー救急センター」も24時間365日即座の対応が求められるものでもあり、正直言ってかなり大変な仕事だと思います。同社の皆さんが単に商売としてやっているのではなく、社会的な意義を感じてやっておられる姿をいつも頼もしく拝見し、今後も続けていただくことを個人的にも期待しています。






●週に一回程度、更新情報をお届けします。
こちらからメールアドレスをご登録ください。
(まぐまぐのシステムを利用しています)