EU_JP
(画面は個人情報保護委員会Webサイトより)

皆さんこんにちは。
プライバシーザムライことオプティマ・ソリューションズの中です。

つい先日、「GDPR全面施行の一方で、日本が国レベルでEUの十分性認定を得ることが現実的に」という記事を掲載したばかりですが、日本とEUの間での話し合いに大きな進展が出てきたようです。

5月31日に、個人情報保護委員会の熊澤委員と欧州委員会のヨウロバー委員が日本で会談し、日EU間の個人データ移転に関して、可能な限り早期に、日本とEUの双方が、互いに個人情報の取扱いに関する「十分性認定」を行うことで、基本的な合意に達したとのことです。

EU側が、新しい個人情報保護法制「GDPR」において「十分性認定」という考え方を採用しており、EUと同様の個人情報保護法制を取っている場合に限り国単位で十分性を認定し、EU居住者の個人情報を持ち出す場合に、本人の同意がなくても可能としていることを前回の記事で書きました。

一方で、日本も2017年に施行された改正個人情報保護法において、同様の「十分性認定」の考え方を採用しており、日本居住者の個人情報を持ちだす場合には同様の規制があります。

今回は、日本とEUの間で、相互にこの「十分性認定」を行う方向で作業を進めていくことが合意されたということです。

https://www.ppc.go.jp/enforcement/cooperation/cooperation/300531/

(関連記事)
GDPR全面施行の一方で、日本が国レベルでEUの十分性認定を得ることが現実的に
http://www.pmarknews.info/kojin_joho_hogo_ho/52073729.html
EUの新しい個人情報保護規則「GDPR」が5月25日に施行〜個人情報保護委員会によるまとめのご紹介〜
http://www.pmarknews.info/kojin_joho_hogo_ho/52073485.html

(私のコメント)
前の記事を書いたその日に実は会談が行われていたということで、タイミングが良すぎたなと思いました。EUからの個人情報の移転ばかりが気にされていますが、日本からの個人情報の移転も同じく気にするべきだなと思った次第です。

また、何か情報が入りましたら、皆様にシェアいたしますね。







●週に一回程度、更新情報をお届けします。
こちらからメールアドレスをご登録ください。
(まぐまぐのシステムを利用しています)