43
(画面は個人情報保護士試験《完全対策》より)

皆さんこんにちは。
プライバシーザムライことオプティマ・ソリューションズの中です。

11月13日から、遂にマイナンバーを使った「情報連携」が始まります。これは氏名や住所などの基本情報や所得情報、社会保険の加入の有無などの情報を、税務署、地方自治体、年金機構、健保組合などの間でやり取りする仕組みのことです。(上図の情報提供ネットワークシステムを介した情報のやり取りがそれです)

あくまでも番号法に記載された利用目的だけに限定されており、また利用履歴は本人がマイナポータル上で確認できることになっています。

総務省からの案内はこちら
http://www.soumu.go.jp/menu_news/s-news/01kanbo07_02000001.html

(私のコメント)
情報連携のスタートにより、マイナンバー導入の目的の一つである「行政の効率化」の実現に向けて大きく動き出したと言えるでしょう。行政の効率化はマイナンバーの真価が問われるところです。是非効率化を実現していただきたいと思います。

また、何か情報が入りましたら、皆様にシェアいたしますね。





●週に一回程度、更新情報をお届けします。
こちらからメールアドレスをご登録ください。
(まぐまぐのシステムを利用しています)