改正JIS Q15001は12月20日に正式発表される見通しです。
詳細は下記URLをご覧ください。
http://www.pmarknews.info/privacy_mark/52062422.html

JIS Q 15001改正を解説したセミナー動画の配信を始めました。
【JIS Q 15001改正】プライバシーマークの審査はどう変わる?
緊急解説セミナーの動画を配信します
http://www.pmarknews.info/privacy_mark/52062005.html

30
(画面は改正案の目次です)

いつもお世話になります。
オプティマ・ソリューションズ株式会社の中康二です。

プライバシーマーク公式Webサイトの情報によると、7月20日付で、日本工業標準調査会よりJIS Q 15001 個人情報保護マネジメントシステム−要求事項の意見受付が開始されたそうです。これにより、注目のJIS Q 15001改正案が初めて一般に公開されました。

JIS Q15001改正案は、日本工業標準調査会のWebサイトで公開されており、60日間にわたり広く一般からの意見提出の機会を設けるとしています。

今回の改正案は、構成や章立てが完全に現行の2006年版から変わっていて、かなりの意欲作です。主なポイントを列記します。

(1)改正個人情報保護法に対応するための用語と規定の見直し

・要配慮個人情報、匿名加工情報など新しい定義の盛り込み
・外国にある第三者への提供の制限、第三者提供に係る記録の作成、第三者提供を受ける際の確認など新しい手続きの盛り込み
開示対象個人情報、特定の機微な情報など、JIS単独の定義が廃止され、個人データ、保有個人データ、要配慮個人情報など個人情報保護法の定義をそのまま使用することに(保有個人データについては、6か月保有しない場合でも同様の取扱いにすることは現行通り)

(2)ISOの共通テキストに合わせて構成を大幅に見直し

・規格本文の構成をISO9001/14001/27001などで採用された「共通テキスト」にあわせた章立てに変更
・本文中に「組織」「利害関係者」「トップマネジメント」「有効性」「力量」「文書化した情報」「プロセス」「パフォーマンス」「管理策」「事象」「尺度」「残留リスク」「リスク所有者」「リーダーシップ」「コミットメント」「コミュニケーション」「パフォーマンス評価」「マネジメントレビュー」など、新しい用語が続々と登場
・個人情報保護ならではの細かな要求事項を「附属書A」にまとめて表記
・従来の解説文に相当する内容を「附属書B」に表記
ISO27001の附属書Aとよく似た内容の管理策を「附属書C」にまとめて表記

意見提出の締め切りは9月17日とのことです。我こそはという方はぜひ意見を提出していただければと思います。

https://privacymark.jp/news/2017/0720/index.html

(私のコメント)
いや〜。かなりの衝撃を受けました。今回のJIS改正が、ここまで大幅なものになるとは思っていませんでした。ISMS認証との親和性も高くなりますし、個人的には気に入りました。繰り返しになりますが、今回のJIS改正はかなり大幅なものです。プライバシーマークの審査もかなり変わると思います。プライバシーマーク取得企業、コンサル、審査員のいずれにとっても大きな変化となりますので、それに追いついていくための努力が求められることになると思います。

また、何か情報が入りましたら、皆様にシェアいたしますね。





●週に一回程度、更新情報をお届けします。
こちらからメールアドレスをご登録ください。
(まぐまぐのシステムを利用しています)