プライバシーマーク・ISMSナビ

プライバシーザムライが、プライバシーマーク/個人情報保護、ISMS/情報セキュリティの最新情報をお届けします。

タグ:情報セキュリティ

セキュリティネクスト
(画像はセキュリティネクストより)

皆さんこんにちは。
プライバシーザムライ中康二です。

現在進行しているウクライナ戦争に関し、日本政府がロシアに対する経済制裁に参加し、ロシアに敵対しているとの見方から、ロシアのハッカー集団が日本のWebサイトに対する攻撃を実施し、実際にアクセスできなくなるなどの被害が出ているようです。

今回自ら攻撃していると公言しているハッカー集団は「Killnet」と名乗っており、ロシア系のSNSサービスTelegram上で情報発信しています。その中では「日本政府に対する宣戦布告」という言葉を使っていますが、実際には、e-GOV/eLTAXなどの政府関係サイトだけではなく、JCB/mixi/東京メトロ/大阪メトロなど政府関係ではないWebサイトにも攻撃を仕掛けているため、民間企業としても要注意です。

ただし、手法として用いられているのは、不必要な通信をサーバーに大量に送信することによりサーバーの正常動作を阻む「DDos攻撃」に留まっており、一定時間で攻撃が終了すると、サーバーは正常動作を取り戻しているようです。また、ネットワークへの侵入やサービス停止、情報流出などは確認されていないようです。

セキュリティネクストの関連記事
https://www.security-next.com/139562

piyologの解説記事
https://piyolog.hatenadiary.jp/entry/2022/09/07/025039

(私のコメント)
現代の戦争においては、正規軍によるサイバー攻撃だけではなく、今回発生しているような得体の知れないハッカー集団によるサイバー便乗攻撃が何度も発生しています。日本政府/日本企業としては、今後も警戒態勢を取っていただきたいと思います。

皆様にも何かの参考になればと思います。

また、新しい情報が入りましたら、皆様にシェアいたしますね。

台湾の駅のモニタにハッキング
(画像はフォーカス台湾より)

皆さんこんにちは。
プライバシーザムライ中康二です。

米国のペロシ下院議長の台湾訪問を受けて、中国政府は猛反発を見せていますが、その中で、サイバー攻撃を受けて、台湾の駅の大型モニタに反ペロシの内容のメッセージが表示されていたとのことです。

これを受けて、台湾政府としては、中国製通信機器の使用禁止の範囲を拡大する方針とのことです。

https://japan.focustaiwan.tw/politics/202208070003

(私のコメント)
中国政府のみならず、世界の各国がサイバー軍を創設し、様々なサイバー攻撃を行っていることは私もよく知っていたつもりです。そして、このような状況を背景に、米国政府は、ファーウェイなど中国企業の通信機器を国全体から排除し、同盟国にも同様の措置を呼びかけているということも知っていました。しかし、このような「目に見える形での被害」を知ったのは初めてのことなので、興味深く感じました。

私は個人的には中国とは仲良くするべきだと考えていますし、ことさら対立をあおるようなことはするべきではないと考えています。その一方で、中国という国が専制的な政治体制であり、ネット利用に対する規制も厳しく、今回のようなサイバー攻撃についても政府の関与がうかがわれることから、やはり中国製の機器の利用には一定の制限をかけざるを得ないと思いました。

皆様にも何かの参考になればと思います。

また、新しい情報が入りましたら、皆様にシェアいたしますね。

optimasolutions (2)
皆さんこんにちは。
プライバシーザムライ中康二です。
(オプティマ・ソリューションズ株式会社・代表取締役)

早くも年末の足音が聞こえてまいりました。
コロナコロナで明け暮れた2021年という印象がありますが、
皆様はいかがでしょうか?

さて、この一年も、プライバシー/セキュリティの領域では
様々な出来事が起こりました。

・世界標準のプライバシー認証ISO27701(PIMS)がスタート
・個人情報保護法の官民一元化改正が成立
・JIPDECがプライバシーマークの新審査基準を発表
・LINEに対して個人情報保護委員会が立ち入り検査と指導を実施
・Omiaiから大量の本人確認書類が流出

などなど、目まぐるしかったですね。

さて、今回、初めての試みとして、
私プライバシーザムライと、セキュリティ博士(当社コンサルタント・大塚)
の二人によるクリスマス特別対談を開催いたします。

プライバシーマーク、ISMS担当者の皆様、どうぞご参加くださいませ!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
登壇者紹介
プライバシーザムライ 中康二
プライバシーザムライ 中康二(なか こうじ)
オプティマ・ソリューションズ株式会社・代表取締役
ソニー出身
プライバシーマークとISMSの専門家

DSC_3045
セキュリティ博士 大塚晃司(おおつか こうじ)
オプティマ・ソリューションズ株式会社・コンサルタント
会計事務所出身
ISMS/情報セキュリティで数多くのお客様を支援してきた、腕利きコンサルタント

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

タイトル:「2021年を振り返る」プライバシーザムライ/セキュリティ博士 クリスマス特別対談
日時:2021年12月23日(木)10時から11時半
場所:リモートで開催(Zoomを利用します)
登壇者:プライバシーザムライ 中 康二×セキュリティ博士 大塚晃司
参加費:無料(1社2名様まで)
参加対象者:
 プライバシーマーク、ISMS取得事業者の役員、担当者の方
 または上記の認証取得を検討中の役員、担当者の方

主催:オプティマ・ソリューションズ株式会社

※恐縮ですが、弊社と同業になるコンサルタントの方は参加ご遠慮ください。

参加される方は下記のボタンから登録してください。
      ↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
      ↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
      ↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
      ↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
botan



皆さんとオンラインにてお会いできるのを楽しみにしております!
プライバシーザムライ 中康二

↑このページのトップヘ